1. HOME
  2. プロジェクト
  3. SNSを活用した、スキマ時間での観光案内

PROJECT

プロジェクト

SNSを活用した、スキマ時間での観光案内

自分のスキマ時間を利用してSNSで観光案内しませんか

外国人観光客から24時間質問を受け付け、随時学生の可能な範囲で回答。能動的なツアー開催とも、受動的な案内所業務とも違う新しいスタイル。観光客が困った時に助け舟を出してあげる、困った時に気軽に質問できる。痒いところに手が届く。そんなサービスです。

定員

20人(変動あり)

具体的な活動内容

・LINE @のhelpdesk@KyotoのQRコードを掲載したポスターを民泊やエアビーに掲示
・LINEを登録してくれた外国人から届く質問に随時回答
 例)オススメの居酒屋は? 四条河原町から金閣寺の行き方は?

今後について

・アクティボやサイトでの参加者随時募集。定員に制限があるので
 ①より京都に詳しい人、②各言語でよりスピーディーに対応可能な人20人で構成する。
・英語・中国語・韓国語・(多言語も大歓迎)での回答できる体制が整えば、それぞれのポスターを作成・掲示。
・WECHAT(中国版LINE)やカカオトーク(韓国版 LINE)、WHATSAPPへの展開。
・ポスターを掲示してくれる民泊・Airbnb の拡大(随時交渉)
 例)侍忍者ミュージアム@三条や観光案内所@伏見稲荷
・ポスターだけでなく、民泊運営者からのメールや対面で私達のLINE@の存在を伝えて貰い利用率の向上を図る。